屋根リフォーム

これから棟工事です。土台には南蛮漆喰を使い自社製品の棟面土を使用して工事します。台風対策としてステンレス線やコーキングを工夫して工事します。約2日程で完成です。DSCF0327.jpg

本体工事完了です。これで雨が降っても安心。ここまで終わるとほっとしますね。今回の葺替え工事はここまでで一日でした。次より仕上げ工事です。DSCF0423.jpg

瓦の取り付け工事です。九州地区は台風が多く、瓦は防災瓦が殆どで瓦釘もステンレス製のスクリュー釘かビスを使用します。止める箇所も通常チドリ止め(7割以上)です。場所によっては全数止めます。2~3時間で完了です。DSCF0422.jpg

クレーンを使って瓦を屋根にあげます。瓦は木のパレットに梱包されていますが1パレット約430枚、重さにすると1トンを超えます。荷崩れに気をつけてあげます。1~2時間で完了です。DSCF0416.jpg

瓦下ろしが終わり次第、下地板(場板)のチェック。腐食部分があれば交換しルーフィングを張ります。最近はいろんなタイプがあり当社では殆どゴムアス製を使っています。(ゴムアス製は防水性にも優れており安心して使うことができます。)次に桟木を打ちます。これまで約2~3時間で完了です。DSCF0418.jpg

見積無料ですお気軽にお問い合わせ下さい