• 1

DSCF0642.JPG
葺き替え工事の場合、壁際(サイディング、雨切トタン)をそのまま工事する場合がほとんどです。その場合どうしても雨切の高さが取れず熨斗が入らず困る時があります。山城乾式面土を使うと簡単に工事でき雨漏りの心配もありません。瓦工事店の方にも好評で多く使われています。

DSCF0639.JPG
次に丸をのせて上から50㎜のビスで固定したら完成です。

この防災棟工法を使うと、ほとんどが乾式になり漆喰を使わず、台風や地震にも強くなります。勿論工事労務費も少なくなり工事店様にとっても、お客様にとっても安心して早く工事が出来ます。当社でもこの防災棟を使い始めてから、たくさんのお客様からお礼のお言葉をいただきました。

DSCF0637.JPG
防災のし(小)を段数分載せましたらその上に15㎜×36mmの材木を這わせ、その上から面土の土台の1.5寸角に長いビスで固定します。(段数により長さが異なります)

ここ最近黄砂が観測されまた非常に風も強く仕事がやりにくいです。車も雨と黄砂ですごいことになってるし・・・。 ただ南関町の桜はほぼ満開になって花見シーズン真っ只中です!先日某ラジオで花見をするには昼派か夜派かという内容の番組があっていましたが、僕は、ウーン・・・昼かな。まだ夜は冷えるし寒いの苦手なので。皆さん飲みすぎには気をつけてくださいね!

  • 1
見積無料ですお気軽にお問い合わせ下さい