雨風に強い防災のし工事手順2

次に山城乾式面土を南蛮漆喰を使いながらステンレス線で緊結します。DSCF0632.JPG
今回の屋根は棟の不陸が多少ありましたので、面土を二つに割って施工しました。下地がしっかりしていると面土を割らずに工事することが出来ます。前に説明しましたがこの面土は今まで棟土台に使っていました南蛮の量が半分以下ですみますし、何より施工の人工数も断然少なく、また1日で土台の乾燥を待たずに一気に工事が出来ます。地元をはじめ、また佐賀県の工事店様にも「この面土を使い始めたら全然工事が楽になり早く工事が完了するようになった」とお褒めの言葉をいただきました。

         
見積無料ですお気軽にお問い合わせ下さい